生活と暮らしのヒント

This page:生活と暮らしのヒントTOP > 料理とたべもの > 豆腐の入れ物で氷を作る

豆腐の入れ物で氷を作る


スポンサードリンク

豆腐の入れ物で氷を作る

最近では口の大きな水筒が増えています。
しかしどんなに氷を入れる部分が大きくても
それに合った氷を作れなければ意味ありませんよね。
そこでご紹介したいのが、豆腐の入れ物!
豆腐を使った後に残った入れ物に水を入れます。

この水も、一度沸騰させた水を使うと氷は解けにくくなり、きれいな透明氷が出来ます。
しかし、沸騰させたばかりのお湯は、入れのもが溶けてしますので、入れないでください。
いろいろな豆腐の入れ物がありますが、青い入れ物より、白いもののほうが丈夫な気がします。
それと、絶対容器の側面がギザギザしているものを使ってください。
このギザギザが、氷が取れやすい理由です。

氷が取れみくい場合は少し水をかけるとするっと取れます。
氷が大きすぎるというときは、水をかけ、亀裂が入ったところをすりこぎでたたくと割れます。
温暖化で暑い日が増えています。
大きい氷で少しでも涼しくなりたいものです。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録