生活と暮らしのヒント

This page:生活と暮らしのヒントTOP > 法律 > 隣の枝と隣の根

隣の枝と隣の根


スポンサードリンク

隣の枝と隣の根

庭付き1戸立ては、夢のマイホーム。
しかし、いざ買って隣近所の人とトラブルを起こしたら、
アパートなどのように気軽に引っ越すなんて出来ないので、大変!
せっかく大変な思いをして買ったのですからみんなで仲良くしたいものです。
(中には自分からトラブルを起こしたがる人もいますが・・・)
庭付きの家を買ったら隣にはおいしそうな果物の木が
あったって人もいると思います。

この果物、柿の木にたとえるとしましょう。
この柿が自分の家の庭に落ちてきたとします。
「自分ちに勝手に落ちてきたんだからいいじゃん」と食べたくなります。
が、食べてはいけないそうです。

柿の所有権は、あくまでも柿がなっている家の人にあるので食べれません。
でも、これが柿でもイチョウの葉でも、
「自分の庭が汚れてイヤだから、掃除して持って帰ってください。」
とは言えるそうです。

あと、木の枝も切ることは出来ませんが、下から生えてくる根っこは、
切ってもいいそうです。
だから、もし隣が竹林でたけのこが自分の家の庭に生えたら、
とって食べてもいいんですね。
でも、たけのこって床を突き破るから生えてきてラッキーとまでは行かないかな?

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録