生活と暮らしのヒント

This page:生活と暮らしのヒントTOP > 法律 > 敷金は全額戻ってきて当たり前?

敷金は全額戻ってきて当たり前?


スポンサードリンク

敷金は全額戻ってきて当たり前?

敷金って大体の人が、戻ってこないか、半分戻ってくればいいやって
思ってるみたいですが、
敷金は基本的に全額戻ってこないとおかしいらしいです。

もともと敷金って、貸した人がムチャな家の壊し方をしたとか
家賃ふみ他をして逃げちゃったなんて時のための保険のような形で
「一応預かっておきますね。」的なお金なんです。
でも大体の大家さんは、退去時になって、
「掃除代と、障子の張替え、畳も変えたから。」
と言って、どんどん敷金から使っていってしまいますが、これはおかしい!

だって、住んでたらどんなに気をつけていたって少しは汚れるし、
障子や畳だって日に焼けてしまうのはしょうがない。
このしょうがないって程度のことは、実は、毎月家賃として徴収されてるって、
知ってましたか?

毎月消耗品に対する、支払いもさせときながら、
本当は大家さんがお金をためといて、支払わないといけないお金を敷金から、
当たり前のように出させていると言う現実。

もし、もうすでに借りていて、契約書に、
「退去時には、掃除代、障子の張替え、畳の入れ替えなどの費用は負担します。」
って項目だあって、印鑑付いてたら、もう逃げられないけど、
もし今度借りる時は、そういう項目があったら、
「これはおかしいので取り消してもらいたい!」とはっきり言いましょう。
これ先に知ってれば、私もあの時、ウン万円が・・・

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録