生活と暮らしのヒント

This page:生活と暮らしのヒントTOP > 法律 > 認知症とお買い物

認知症とお買い物


スポンサードリンク

認知症とお買い物

最近は、老人介護の国民負担が当たり前的になってきて、
認知症だけど体は元気という人は、
家出の介護が多くなっていますが、元気な分だけ動き回って大変。
ということもあるでしょう。

そこまで、認知症が進んでなくてたまになる。と、いう人もいるのでは?
そういう人が外に出て行って、自分では買った覚えのないものを
買って帰ったら大変ですよね。
でも、法律上は、その品物は、返すことができるようです。

買い物をする時大事なのは、
売った人は、「売った。」買った人は、「買った。」という意志の合意。
相手が自分が買ったか買ってないか分からない時は、合意はなっかたものとなり、
契約の効力は認められないそうです。

何度もこういうことがあるときは、認知症の人を「成年被後見人」にして
「成年被後見人」の人の後見人に選ばれた人が、「成人後見人」になって
財産を代わって管理するようにすると、勝手に買ってきたものの契約を
取り消すことが簡単になります。

ウチのおじいちゃんも、認知症じゃないけど、ローンでものを買うのが好きだからな~。
「成年被後見人」に出来ないかな~・・・

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録