妊娠と基礎体温

This page:妊娠と基礎体温TOP > 出産一時金

出産一時金


スポンサードリンク

出産一時金

保険の被保険者が出産した時は、一人の赤ちゃんに35万円が、出産一時金として支給されます。
正常な出産の時は、病気ではないので、出産費用や定期健診の費用は、
保険がきかなく、自費払いになります。

だいたい検診代は5000円、出産費用は、安いところで35万円になります。
出産一時金の額が上がると同時に退院までにかかる費用を35万に上げた病院も少なくありません。
実際に私が通っていた病院は、前は30万だったのが、出産一時金が上がると同時に3
5万に上げました。

国としては、少子化対策として、出産一時金を上げたんでしょうが、
なんか産婦人科が儲けるようになっただけのような気がするのは私だけでしょうか?
(値上げしてない病院もあるんでしょうが・・・)

異常出産の時は、健康保険が適用されますが、最終的な金額として、普通分娩で出産した時と
あまり変わりません。
お腹切られて、普通分娩と同じ金額じゃ、ちょっと悲しいと言う人、
生命保険の女性特約を3年くらい前から入ってる人は、出ます。

生命保険の種類、会社の違いで、出る時期が違うので確認してくださいね。
知り合いの人は女性特約の50万円つけていて、
それも、高齢出産なので、子供2人とも帝王切開だったため、
総額100万もらった人がいます。
うらやましい限りです。

でも、妊娠直前に入っても出ない保険がほとんどなので、気をつけてください。
双子を出産した時は、2人分出るんですね。
三つ子なら3人分か~。総額105万ですか。すごいですね~。
それだけ、育児の大変なんでしょうが・・・。

社会保険に入ってる人なら、出産1時金の前借ができます。
出産予定日の1ヶ月前から、受け付けてくれます。
会社独自の保険があるところは、会社にきいてみないと分かりません。
国民健康保険は、直接病院に払ってくれる制度があります。

地方自治体で違う場合も考えられますので、市役所に聞いてみてください。
出産一時金は、2年経ったら請求できなくなりまから忘れてる人は、お早めに。
私は出産前に前借でもらいました・・・。お金ないもん!

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 

CmsAgentTemplate1006-1013-mt4 ver1.004